ホームページ » 日本におけるオンラインカジノの現状、知っておくべきこと

日本におけるオンラインカジノの現状、知っておくべきこと

世界的なオンラインカジノ産業は、前例のない割合で拡大し、毎年さらに多くの国々が、オンラインカジノゲームを合法化しようという考えに熱中している。特にヨーロッパ諸国が、EUのギャンブルサイトでほかの大陸と比べ、多額のターンオーバーを伝えることで、顧客にとってオンラインカジノを利用しやすく、安全なものにするのに大きく前進している。

しかし、ヨーロッパがこのビジネスに気を配っている一方、世界の反対側では、同じ成果を上げられない国々があった。特に、日本は一般的にギャンブルに対しての騒然とした歴史がありながら、この需要にこたえる市場を特に発展させてこなかった。この記事では、日本のオンラインカジノの現状、そしてそれが将来的にどのように伸びると予想されるかを詳しく見ていく。

日本のオンラインギャンブル市場

日本のオンラインカジノには、すべてのカジノ運営者を恐れさせる一つの独特な問題がある、すなわち国内でのオンラインカジノの厳然とした禁止である。この記事の執筆中、政府により少数のギャンブルが認可されたが、その中にはカジノゲームは含まれていなかった。実際、現在日本ではオンラインだけではなく、すべてのカジノを利用することができない。結果として、熱心なプレイヤーたちは合法なギャンブルとなると、方法がないのである。もちろん、これには一部のプレイヤーが参加する、非合法の賭け事は考慮に入れていない。

規制されていないオンラインカジノ運営

現在、日本居住者にとって、現金カジノゲームを真の意味で、合法に遊ぶ方法はない。日本では、政府により認可され、運営されたものを除いては、オンラインでギャンブル運営をすることは認められていない。このことにより、プレイヤーがギャンブルの欲望を満たすためには、唯一の道しか残されていない。これがグレーマーケットを頼ることだ。

日本は国内でのギャンブル運営を取り締まることが可能な一方、海外企業に対しての力は持たない。最高のシナリオとして、政府はISP禁止令を発布し、特定のウェブサイトへのアクセスを防ぐことができる。しかしながら、活発なギャンブルの場の番号を渡され、この日本のカジノサイトのように、ほぼ毎日新しいものが登場するなら、当局はそこいらにある、すべてのウェブサイトの追跡をすることはほぼ不可能である。このことがプレイヤーたちに、一定のオンラインカジノの会員になる機会を与えているが、これには複数の結果が伴う。

規制されていないカジノで遊ぶことは、避けるのが最善の、一定のリスクをもたらす。しかしながら、禁止され、ほかに選択肢がないように感じる熱心なギャンブラーたちにとっては、おそらく選択肢はないのであろう。まず最初に、ライセンスのないカジノは、法律により説明責任を果たさせることができない。そのため、カジノの好みで利益を割り増しし、オッズや支払金を改ざんすることが可能である。さらに、プレイヤーがかなりの額で勝った場合、ギャンブルウェブサイトは、支払いを拒否する可能性もある。ほんの数例を挙げると、こういったことは、マルタゲーミング委員会やイギリスのゲーミング委員会といった近年の規制当局では、厳しく禁止されている。このような機関は、めいめいの国の居住者のために介入することが可能であるが、日本の顧客は、同じ特権を得ることはない。

さらに、日本国法には明白に、オンラインカジノは国内居住者にそのサービスを提供すべきでなく、この居住者に、認可されていないギャンブルに参加することを禁じると述べている。それゆえ、日本のギャンブラーたちは、カジノの管理者と政府の両方からの、様々な面のリスクに相対している。特にきわどいのが、ギャンブルの収益を税務署に申告しなければならない時である。暗号通貨を使用することで裏をかいたものもいるが、それでもリスクは伴う。

日本のオンラインカジノの概観

全体として、日本の顧客にとって、オンラインカジノゲームに参加することは、特に厄介である。公平に見て、頼りになる合法的なカジノ運営者は存在するが、それも保証することはできない。もちろん、政府が実力行使するリスクは、いつでも存在する。オンラインカジノゲームに参加することを選ぶ日本居住者は、危険を承知でプレイするべきで、利益がリスクを上回るとは限らない。さらに、日本のギャンブルに対する嫌悪を考慮すると、この状況はすぐに良くなるとは思われない。日本はまだ、オンラインベースでないカジノ設立の合法化への、最初の一歩を踏み出しつつあるだけで、これが現実のものとなるにはあと数年かかるだろう。

関連記事