事業紹介

                                           沖縄とアジアの架け橋となるべく

趣旨

 沖縄県が日本とアジアの架け橋となるべく「Smart Hub」を目指した仕組み作りに向け以下に取り組む。

 1.県内IT関連企業とアジアIT関連企業が、アジア市場や日本市場に向けてビジネス展開を図っていけるように、アジア諸国からブリッジSEや経 
   営者幹部の招へいを行い、事前研修・OJT研修・県内IT関連施設の視察・ビジネスマッチング等の交流を通して、沖縄とアジア諸国との
   交流促進を図る。
 2.県内IT関連企業の方々をアジア諸国へ視察派遣を行い知見を高めて頂くとともに、海外展開を検討している県内IT企業や、県内に展開を模索
   しているアジア企業との交流・ビジネスコラボレーションを含めた人的ネットワークの構築を図る。

事業内容

 ・招へい事業   ➀アジアIT経営者等の招へい
          ②技術者(ブリッジSE)の招へい
           ※招へい人数は予算と照らしあわせ各国から多数招へいできるように計画しております。

 ・視察派遣事業  県内に立地している企業を対象に、アジア地域への視察派遣
          ※派遣に際しては、事前に視察候補先を募りスケジュールを確定させます。

招へいを行う国

 平成30年度予定:ベトナム・ミャンマー・フィリピン・ネパール・カンボジア、中国、タイなど 
 平成29年度実績:4カ国 ベトナム・ミャンマー・フィリピン・中国
 平成28年度実績:4ヵ国 ベトナム、ミャンマー、台湾、フィリピン
 平成27年度実績:3ヵ国 中国、ベトナム、ミャンマー
 平成26年度実績:3ヵ国 中国、ベトナム、ミャンマー

アジアIT経営者等招へい事業

招へい期間 1週間程度
予定:平成30年11月26日(月)~11月30日(金)
予定:平成31年2月25日(月)~2月28日(木)
プログラム(予定)

DAY1:来沖
DAY2:県内IT関連施設等の視察
    (夕方)懇親会
DAY3:ビジネスマッチング、交流会
DAY4:帰沖

招へい国 ベトナム、ミャンマー、フィリピン、ネパール、カンボジア、中国、タイなど

技術者招へい事業

招へい期間 1~2カ月
予定:平成30年8月下旬~12月中旬の間
研修内容 事前研修(ビジネスマナー、日本での生活についてなど)・・・当初1週間程度
OJT研修(企業内での研修)・・・1ケ月~2カ月程度
OJT研修報告会・・・帰国1週間前位に予定
招へい国 トナム、ミャンマー、フィリピン、ネパール、カンボジア、中国、タイなど
招へい人数 12名程度(1社での受入れは、1~2名)  ※3名以上は応募状況により調整
応募申請書

(様式1)_応募申請書   (様式2)_スキルシート   (様式3)_OJT計画書

※複数国からの受入れを希望する場合は、該当国ごとに応募申請書を提出ください。

提出先 メール:asia@from-okinawa.org   件名:アジアIT・技術者招へい応募申請
FAX:098-859-1832        ※送信表は不要です。
応募期間 1次募集:平成30年6月25日(月)~平成30年7月13日(金)
2次募集:平成30年7月17日(火)~平成30年8月3日(金) 
※1次募集期間で応募枠に達した場合は、2次募集は行いませんのでご了承ください。

県内IT企業視察派遣

 

 

派遣国・日程

1週間程度で下記を予定。
視察国・日程については、今後変更する可能性があることをご了承下さい。
ベトナム 平成30年10月22日(月)~ 平成30年10月26日(金)     
ミャンマー 平成30年12月17日(月)~ 平成30年12月20日(木)
タイ 平成31年1月21日(月) ~   平成31年1月24日(木)
平成31年1月28日(月) ~ 平成31年1月31日(木)
派遣人数 8名程度
参加企業支援 1社1名まで  ※但し、2人目からの自費参加は可能です。
応募申請書 (様式4)_応募申請書    ※応募申請書は視察希望国ごとに提出ください
提出先 メール:asia@from-okinawa.org   件名:アジアIT・視察派遣応募申請
FAX:098-859-1832        ※送信表は不要です。

 

当事業での支援

 ・招へい事業
  アジアIT経営者等:旅費・宿泊費
  ブリッジSE    :旅費・宿泊費・滞在費・保険等

 ・視察派遣事業
  県内IT企業経営者等:旅費・宿泊費(支援額調整中)  
  ※視察国によって支援額が違います(要確認)

活用方法

 ・FROM沖縄から紹介を受けてブリッジSEを招へいし受け入れる方法
 ・貴社にて合致しそうな企業を探して頂き、FROM沖縄にてブリッジSEを招へいし受け入れる方法
  ※招へいに関する手続き等については当機構にて行います。
  ※ブリッジSEを出す企業と、受け入れる企業との資本関係がないこと 等条件があります。

ベネフィット

 県内
 ・海外へ企業を探しに行く時間を省くことができる。
 ・海外のビジネス・パートナーと知り合うことができる。
 ・受け入れたブリッジSEの母国語を学ぶことができる。
 国外
 ・日本企業の商習慣について学ぶことができる。
 ・日本語の習得向上に繋げることができる。
 ・県内IT企業との人脈を構築し、交流することができる。
 ・ビジネス・パートナーとなり、今後の仕事獲得に繋がる可能性がある。

平成29年度成果報告書